内科

内科

一般内科治療

当院では泌尿器科以外に、一般内科の診察も同時にいたしております。
熱が出た、体がだるい、食欲がない、咳がでる、喉が痛い、頭が痛いなどの症状がある場合は、風邪や花粉症、生活習慣病などの可能性があります。
いつもと違う、体調がなんだかすぐれないなど気になる症状があればお気軽にお越しください。

内科を受診される患者さんは、比較的に軽度な病気であることが多いのですが、その中にはまれに重い病気を抱えている場合もあります。当院では軽度な病気の治療をしつつも、隠れた重い病気を見逃さないように、丁寧で確実な診療を大切にしています。

生活習慣病

生活習慣病とは、食生活や運動習慣、喫煙、飲酒など、生活習慣が原因で引き起こる病気です。
悪い習慣や環境が積み重なると発症のリスクが高まります。

受診したほうがいい方
健診で再検査になった
コレステロール値が高い
CKD(慢性腎臓病)
血糖値が高い
尿酸値が高い
花粉症の症状がある
血圧が高い
尿蛋白が陽性

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が過剰な状態、またはHDH(善玉)コレステロールが少ない状態をいいます。
その中でも動脈硬化と関連が深いのはLDLコレステロールです。LDLコレステロールが必要以上に存在すると、血管にコレステロールが蓄積され、動脈硬化を起こし、放置しておくと血管が狭くなったり詰まったりします。これが心臓で起こると狭心症や心筋梗塞になり、脳で起こると脳梗塞になり、突然死に至ることもあります。
当院では、採血で数値を確認しながら治療を進めます。

血圧

ご家庭で毎日血圧を測定し記録をつけていただき、数値を確認しながら、状態に合わせて投薬治療や生活指導をいたします。

慢性腎臓病(CKD)

CKDは自覚症状がないまま、徐々に腎機能が低下していく病気のことです。CKDになると、心臓病や脳卒中を起こす危険が高まります。
当院では、血圧の管理や採血チェックを行い、CKDの進行を抑えます。

痛風

尿酸とは、体の代謝によってうまれる老廃物です。尿酸は通常、血液などに溶けた状態で存在しますが、量が増えると溶けきれなくなり、関節の中や腎臓などに結晶化して溜まります。
「高尿酸血症」は、液中の尿酸値が7.0mg/dlを超えた状態を指します。
尿酸値が高い状態が長期間続くと、痛風、腎機能障害等の病気になる危険性が高まります。

検診

  • 大腸がん検診(40歳以上は無料となります)
  • 前立腺がん検診 (品川区在住で55歳以上の方/500円かかります)
  • 後期高齢者健康診査
  • 基本検診

詳しくはクリニック受付にご相談ください。

高血圧腎臓内科外来

当院では、月1回土曜日に高血圧や腎臓の専門外来で診察をいたしております。
(日程につきましてはお問い合わせください。)

予防接種について

随時更新しますので、お気軽にお問い合わせください。

CONTACTご予約・ご相談はお気軽に

体のことでお悩みでしたら、品川区にある五反田みんなのクリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-6432-5785
common_tel_sp.jpg